アクセスカウンター
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

捜査員求む!

まだまだ謎の多いお座敷コブラ「RUN」シリーズの謎を解くのは、あなただ!

ストーリー、キャラクター、伏線。

それぞれの考察を語り合いましょう。

合っている、合っていないは関係ありません。

あなたの持論を存分に展開してください。

書き込みルール

・舞台の感想や、捜査に関係のないことの書き込みはご遠慮ください

・考察ではなく、「疑問」でも可!

・冒頭に【ver.〇〇の●●について】と記載をされた上で、考察を展開してください。

例)「ver.2.0のアブダクションという言葉の別の意味について」

・他者の考察を否定しないこと

・もちろんケンカをしないこと

閲覧上のご注意!

もしかしたら、誰かがとんでもない大正解を出してしまうかもしれません。

閲覧はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

コメント: 20
  • #20

    右腕 (水曜日, 24 10月 2018 11:57)

    【ver1.0~3.0の登場人物の名前の由来について】
    僭越ながら、#18ハイライト氏の考察に訂正と補足考察をば。
    ひなちゃん…もとい西幹雛の名前の由来はピアニッシモ(ひな にしもと→ピアニッシモ)。
    久場ちえの由来はチェでほぼ間違いないだろう。久場はきゅうばとも読める。チェはキューバ産のタバコを使用した銘柄である。
    そしてもう一人、タバコから名前を取っている登場人物がいる。生方橙子だ。タバコの銘柄はecho(エコー)。生方(うぶかた)は「えこう」と読めなくもない。何より、調べていただければ一目瞭然だが、echoのパッケージはオレンジ色である。
    ver.3.0登場人物に関しての考察は引き続き公式の発言待ち。

  • #19

    蒼夜子 (火曜日, 16 10月 2018 00:53)

    【ver.1.0のescapementの意味❵
    蘭丸のペンネームであるescapementには幾つか意味がある
    ①脱出や逃げ口と言った、逃れるとこ
    ②タイプライターの文字送り装置のこと
    ③脱進機、つまり時計の部品

    ver.1.0ではタイプライターのつまり文字送り装置としての意味合いが強く感じる(記事を書く編集者としての意味合い)

    ver.2.0では逃れる意味合い(主に警察から)

    そうなれば、現時点で公開されている情報と照らし合わせながらみてみると、ver.3.0では脱進機としての意味合いが強くなるのではなないだろうか

  • #18

    ハイライト (木曜日, 11 10月 2018 06:50)

    【ver1.0~3.0の登場人物の名前の由来について】
    脚本を書かれた伊藤さん曰く、メインの登場人物の名前と人物像は煙草の銘柄から着想を得ているそうだ
    塩図希…HOPE(ホープ)
    若葉享…わかば
    白抜楽太郎…LARK(ラーク)
    西幹雛…West(ウエスト)
    丸尾尚幸…Marlboro(マールボロ)
    ver2.0から登場した久場ちえ(ハンドルネーム・ゲバラ)も煙草のche(チェ)から取られていると推察される

    ver1.0では音楽用語(梶原榎音…カノン)、ver2.0では『エンド』がつく言葉(ブック…ブックエンド)や最後に『る』がつく言葉(イノル…祈る)が登場人物の名前の由来となった

    10月10日現在公表されているver3.0の登場人物やキーワードは時計メーカーや宇宙から着想を得ていると#17のBS氏が考察されているが、一方で煙草が由来となる新たな登場人物はいるのだろうか

    尚、ver3.0では『死神』という通り名を持つ新たな登場人物がいるようだが、仮に彼女が喫煙者だとしたら愛飲してるのはDEATH(デス)だろうか

  • #17

    BS (月曜日, 24 9月 2018 12:23)

    【vor3.0の登場人物の名前について】
    テロ組織Ωと川藤星光の名前の元ネタは時計メーカーのOMEGAとSEIKO?
    オメガ星雲と「星」の「光」など宇宙(コスモ)繋がりでもある。
    物語がコスモクロックに収束する?

  • #16

    ハイライト (土曜日, 25 8月 2018 17:19)

    【ver.1&2.0の塩図の捜査方針について】
    事件を解決するのみでなく"終わらせる"という捜査方針を持つ塩図
    1.0や2.0での事件(2.0では最終的に若葉が終わらせた)だけでなく過去にも終わらせた事件は数多くあったと想像できる
    そうした方針となったのは、過去に解決したが"終わらせることが出来なかった事件"があったためだと推察される
    その事件に関連する事件(犯人による再犯・被害者家族による復讐etc.)が起きたことから、塩図は事件背景にある負の連鎖を絶つ必要性を痛感したのだろう
    塩図が捜査方針を決めた事件はもう終わっているのだろうか?

    塩図が2.0終了時点で終わらせられていないのは、少なくとも塩図が娘を失った事件と蘭丸の一連の暗躍である
    他にも終わっていない事件はあるのだろうか?
    そして3.0で待ち受ける事件は果たして終らせられるのだろうか?

  • #15

    JIS (木曜日, 23 8月 2018 07:51)

    【RUNのタイトルについて】
    「RUN」というタイトルはそのまま英単語の「RUN=走る、逃げる」でもあり、
    RANMARU ESUMI
    U
    NOZOMI SHIOZU
    でもあると思います。
    なら、Uは何を示すのか?
    1:「何かの英単語」説
    understandやuseなど。この単語は他動詞である必要がありますね。
    2:「被害者」説
    ”ゆずる”や”ゆう”など、各バージョンで”ゆ”がつく被害者によって塩図が犯人(=江角)の存在に気づくため、江角と塩図を繋ぐ役割をしているのかなと……すみません、かなり強引なこじつけですね。
    3:「U=YOU」説
    過去にフジテレビで放送されていたらしい「eveのすべて」的な意味です。これもこじつけです。
    3つのうち2つはこじつけですが、どなたかUのつく単語で思いついた方がいらっしゃれば教えていただけると嬉しいです。

  • #14

    ケント (火曜日, 14 8月 2018 19:42)

    【ver.1.0&2.0 白抜の過去について】
    ver2.0の台本には、白抜の紹介文として「組織犯罪対策本部出身」とある。しかし本編では一度も、本部所属であった過去について触れられていない。
    果たして白抜の本部から強行係への異動は何らかの任務を持っての異動だったのか、はたまた単純な人事異動だったのか。
    とても気になっています。

  • #13

    右腕 (日曜日, 12 8月 2018 20:16)

    【ver.1.0終演時点での蘭丸についての考察】
    蘭丸は結局何者なのでしょうか。過去や素性が明らかでないので、現時点までで私が考えた事ですが。蘭丸ちゃんは「犯罪プロデューサー」である。殺人に美しさを求め、ドラマのような事件を現実にしようとしている。そしてその事件を自らの手で記事として仕立て上げる。誰かに殺意を抱いている人に対して、殺人の手段を提供し自分では手を下さない。…と言いたいところですが、服部編集長は直に殺しに行っちゃってますからね。榎音も蘭丸が自ら手を下したようですね。計画が狂ってしまったから仕方なく…なのかもしれませんが、リスクを考えると自分で殺しに行く前に計画を立て直すべきでは?必要のないキャラクターはあっさり殺す…とは言っても自分で手を下すのは浅はかにも思えます。何を考えているのか解らない。目的が見えない。
    シャーロック・ホームズとの関連という点で見ても、蘭丸がホームズの宿敵、モリアーティ的にあらゆる犯罪を裏で仕組む立場に設定されているというのはあり得ることかと思います。
    榎音殺害時、管理官も殺っちゃってそうだと思っていたのですが、ver.2.0で管理官は生きていたことがわかりました。#11で蒼夜子さんが、岩渕管理官と蘭丸は繋がっているのではないかと考察していますが、この岩渕管理官ぎ生きているということからも2人が繋がっている可能性はかなり濃厚なのではないかと思います。

  • #12

    ハイライト (日曜日, 05 8月 2018 09:57)

    【ver.1&2.0の蘭丸の信条について】
    「事実をありのままに書いても面白くない」
    蘭丸の信条のだが、何故ありのままの事実では面白くないと思うに至ったのだろうか?
    理由は判明してないが、この信条故に事件の裏で糸を引いて蘭丸自ら"面白いありのままの事実"を生み出そうとしてるように思える。

    では蘭丸はこれまでに"面白いありのままの事実"に直面したことは無いのだろうか?
    もしかしたら過去(ver1.0以前)に塩図によって"面白いありのままの事実"がもたらされたのかもしれない。塩図は事件を解決するだけじゃなく終わりさせること、つまり事件の犯人や被害者の人生ドラマを紐解くことに奔走してる。かつて蘭丸は塩図が終わらせた事件の真実に"面白さ"を見出だし、塩図を尊敬し執心するようになったのかもしれない。

    蘭丸は自分が起こす事件を塩図に解決させることで、より"面白いありのままの事実"を生み出そうとしてるのだろうか?

  • #11

    蒼夜子 (木曜日, 02 8月 2018 15:58)

    【ver.1.0と2.0に出てくる蘭丸のピストルについて】
    日本は銃社会ではないので、一般人がピストルを所持することは法律で認められてない
    作中でも、それは変わらないだろう
    蘭丸がピストルを持っているというのは本来起きてはいけない事態だ
    まさかあの銃が猟銃だとは思えない

    このピストルはどこから来たのか?
    日本でピストルを所持出来る職業は限られ、そのなかには警察官も含まれている
    蘭丸は神奈川県警のピストルを盗んでいるのではないかと考えている
    蘭丸は過去に警察官だったのではないだろうか?
    そうするといくつか辻褄が合うように思える(蘭丸が塩図のあだ名を知っている件とか…)
    また、岩渕と蘭丸が塩図を警察に戻したいと思っているのも偶然だとは思えない
    裏で繋がっている可能性も0ではないような…

  • #10

    Roman (月曜日, 30 7月 2018 17:43)

    【ver.2.0の蘭丸の言葉とコスモクロックについて】
    2.0にて塩図と蘭丸が再会する際、蘭丸は塩図にコスモクロックを指差し『観覧車』と名乗っている。
    いつも【事実をありのままに書いても面白くない】と言っている蘭丸にしては珍しく、【見たものを見たままに伝えている】そこに違和感を感じた。
    この作品上ではコスモクロックは時計という設定になっている。(1.0にて梶本榎音がそう言っている)
    RUNシリーズにおいて、【コスモクロックの見え方】というのは作品にとって重要なポイントなのかもしれないと考えた。

  • #9

    Roman (月曜日, 30 7月 2018 17:15)

    【ver.1.0にて考えられる塩図が刑事を辞めた原因について】
    #4にて右腕さんの【塩図の娘と妻の事件】に関するコメントを見て、塩図が刑事を辞めた(あるいは辞めさせられた?)原因を考えた。1.0にて若葉がカノンの元へと違法収集証拠排除法則を破ってしまった際、西幹雛は物凄く激怒した。それは彼女が憧れていた塩図も同じ過ちをしてしまったからではないだろうか、
    その理由として後に白抜が西幹に「何故ムキになる?」という問に「ルールを守れなかった人が許せなかった」と若葉以外の特定の誰かを指して言っているようにも捉えられる。規則に真面目な西幹だからこその感情で、塩図も身内の事件となれば自我を保つ事が難しくなり、法を破ってしまった。それが原因となったのではないだろうか。

  • #8

    JIS (日曜日, 29 7月 2018 23:12)

    【ver.2.0のアブダクションという言葉の別の意味について】
    #6のsrgmさんのコメントを見て、なんとなくホームズの推理っぽいなと思ったらこんなページがヒットしました。

    「シャーロックホームズとアブダクション」
    https://matome.naver.jp/odai/2136762704534777701

    前に伊藤さんのブログに上がっていたgooglekeepの画像(https://ameblo.jp/cyrano-de-bergerac/entry-12341007251.html)にもシャーロックホームズ関連の言葉が散りばめられていましたし、無関係とはどうにも思えません・・・。

  • #7

    KK (日曜日, 29 7月 2018 00:18)

    【ver.2.0 塩図の刑事時代のあだ名について】
    ネズミがescapement=蘭丸が書いたネットニュースを読んで、蘭丸が塩図の刑事時代のあだ名までを知っていることに疑問を抱いている。このことから蘭丸が塩図と親しい者とすでに接触している可能性が考えられる。
    塩図の「ホープ」というあだ名を知っている人物は、白抜・丸尾・雛・ネズミ。若葉はver2.0のラストで初めて蘭丸と接触したように見えるため候補より除外。

  • #6

    srgm (金曜日, 27 7月 2018 16:55)

    【ver.2.0のアブダクションという言葉の別の意味について】
    例で挙げられていたので調べて見ましたが、 アブダクションとは : 個別の事象を最も適切に説明しうる仮説を導出する論理的推論。仮説形成や仮説的推論などと訳されている とのこと。
    結果や結論を説明するための仮説を形成することを言うこともある (?)
    小野田先生が何かの仮説を立てた? 調べたはいいものの謎が深まったばかりでした…

  • #5

    蒼夜子 (木曜日, 26 7月 2018 01:19)

    【ver.1.0の塩図とネズミの会話(敬礼したネズミに)「何年ぶりだ?」(敬礼した手を見ながら)「忘れました~」について】
    この会話からネズミが過去に警察に勤めていたことがわかる
    そしてこの会話を聞いたイモムシとトカゲは「何の事だ?」と首を傾げているので、ネズミの過去についてはよく知らない、警察時代の知り合いというわけではく退職後出会った仲間なのだろう

    なぜネズミは警察を退職し探偵を始めたのか?それは謎だが、塩図が退職したきっかけのあの事件と理由は違うように考えられる。なぜならネズミは「今までこき使われてきた分」と言っている、つまり警察官である塩図に捜査を手伝わされてたのだろう。なので、塩図より先に退職し探偵になっていることがわかり、あの事件はネズミの退職と関与していないように思える
    しかし、ネズミもなにか職務上の問題により退職したように思える…

  • #4

    右腕 (水曜日, 25 7月 2018 21:43)

    【ver.1.0内 蘭丸「事実をありのままに伝えても記事にならない」という言葉について】
    蘭丸が名前を変えつつ書いていたミドルメディアの記事について、若葉「母親と娘が殺された…」のところで塩図タバコをふかす=ため息をついている。つまり、この事件で「殺された母親と娘」とは「塩図の妻と娘」なのではないか。(「娘は死んだ」と明言されているが妻は?)記事は遡りながら読んでいたようなので、もしかしたら1番最初の記事なのかも?どんな内容なのかとても気になります。

  • #3

    srgm (水曜日, 25 7月 2018 19:02)

    【Ver.2.0の白抜について】
    ラストシーンで小野田救出後に丸尾から若葉の所在を聞かれた時、「電話をしている」と、何故答えられたのかが疑問。
    若葉は電話する旨は白抜に伝えていなかったし、電話し始めたのも知抜を見送ったあと。単純に、去る時に電話している声が聞こえたということなのかも知れませんが…

  • #2

    ubd (水曜日, 25 7月 2018 16:29)

    ver.3.0の今時点で出ている情報について〉
    「―それは、蔓延し伝染する。もはや彼らは必要ない。」の「それ」「彼ら」は何を、誰を指しているのか…

  • #1

    伊藤裕一 (水曜日, 25 7月 2018 12:34)

    【ver.1.0内での「当時の管理官」について】
    1.0で岩淵が語った、「当時の管理官」。
    今は何をしているんだろう?ver.2.0のラストの声。
    彼がきっと「当時の管理官」なんだろうけど。
    警視総監が出てくるという伊藤の話は、どうやら変更になったらしい。
    当初の予定では、「当時の管理官」が警視総監になっているということだったのだけど、じゃあ彼は今どんな役職について、どんな仕事をしているんだろう。

ごくたまに出演者も登場するかも!?

展開をお楽しみに!!